サイズを確認してから選ぼう

見逃してはいけない部分

レンタルする時の価格ばかり気にしている人が多いですが、サイズもきちんと見てください。
自宅や会社で使う場合は、設置スペースが広いので大きなデータ通信機器でも使えるかもしれません。
ですが出張の場合は、自分にどのくらいの作業スペースを与えられるかわかりません。
自宅や会社よりも、かなり狭いスペースになることが考えられます。

小さなデータ通信機器なら、狭いスペースでも使用できるので便利です。
また小さいものは、軽いので荷物になりません。
出張に行く際は、なるべく軽い荷物で済むように工夫してください。
荷物が軽いと余計な体力を使わないので、仕事に集中できます。
データ通信機器の大きさを見て、どれを借りるか決めましょう。

お店に行って決めよう

業者は、ホームページどのようなデータ通信機器を扱っている野か宣伝していることが多いです。
ホームページを見て、良いデータ通信機器を探す人が多いでしょう。
そこにも、サイズが記載されています。
しかし記載されているサイズだけでは、本当の大きさがわかりません。
実際にデータ通信機器を受け取ると、思ったより大きかったり、重かったりするかもしれません。

そのようなトラブルを回避するためには、お店に行って実物を見ることが重要です。
実際に見て、重さを確認すれば目的に合うデータ通信機器なのか判断できます。
会社の近くに、データ通信機器をレンタルできる業者がないか調べてください。
それなら、仕事が終わった帰りに寄って確認できます」。


B!